ぎっくり腰!!応急処置編

Posted on Posted in ギックリ腰

From 真島佳宏
自宅にて、、、、、、、、

 

ギックリ腰、、多いですね、、、、

一ヵ月で最低1人は診てる気がします、、

 

本日はギックリ腰になった時の応急処置をお話しします。

けどですね、ギックリ腰になった原因を見つけることが大事ですので

ある程度多いぎっくり腰の原因の対処方法をお話しします。

 

まずギックリ腰は腰が動き過ぎていると思ってください=腰の関節が捻挫。

股関節や肩甲骨が硬くて腰がグッキっと動き過ぎてしまう、、

 

全身の筋疲労で股関節や肩甲骨が動きが硬くなった時に起こりますので、

股関節や肩甲骨が動けばいいんです、、、、

 

まずは今日はぎっくり腰の原因で多い筋の、、

大腿筋膜張筋!!!!

 

この筋肉が硬くなることで股関節をロックします、、、

その分腰が動き過ぎるのでギックリ腰になります。

 

なので大腿筋膜張筋が硬くなってしまっているので解放してあげればいいんです。

そしたら腰が動き過ぎることが無くなりますので、、症状が緩和するのです。

 

ご自身でその硬さを取る場合は、上前腸骨棘と大転子の間(大腿筋膜張筋)を押して

痛くない程度でかまいませんので大腿筋膜張筋を抑えた状態で前後左右に体を動かします。

 

これでも変化のない方は、一度ご連絡ください。。。

本日もブログを読んでいただきありがとうございました。

 

発行元:
〒564-0001
大阪府吹田市岸部南1-25-16 岸辺ビル
TEL:080-4971-8838
HP:http://seitaiinyou.jp/