座骨神経痛とは!?復習編

Posted on Posted in ヘルニア 座骨神経痛

From 真島佳宏
自宅にて、、、、、、、、

今日は坐骨神経痛について
お話したいと思います。

なぜ坐骨神経痛の話をするのかなんですけど
最近一日の中で何人もみます、、少し私の知識をシェアします

それは坐骨神経痛が中枢性が原因であることが
少ないからです。

どういうことかと言いますと

末梢の神経ラインに沿った
どこかが絞扼されると

シビレの症状って起こりやすいんです。
座骨神経痛と言いつつも肩甲胸郭関節や
斜角筋の影響で足が痺れることもあります

けどやっぱり
坐骨神経痛っていうと

西洋医学的にはなかなかむずかしいと
言われてたりいます。

なぜならですね

西洋医学では診断の手段として
レントゲンを使うからです。

レントゲンではまず末梢神経の走行は写りません。
太ももが痺れていると座骨神経痛と診断されることもよくあります

なおかつ結合組織内での絞扼は
写るわけありませんよね。

末梢神経も絞扼の様子も
どちらも表出されないので

坐骨神経痛の真の姿が
理解しにくかったんです。

だけど最近は

エコーの登場によって
皮下5cmまでリアルタイムで
観察できるようになってます。

これによって坐骨神経痛の見かたも
自然と変わってきました。

なので
坐骨神経痛で見るべきポイントは

「神経の走行」
ですね。

これをしっかりと
評価していくことや

解剖学を
理解していくことで

坐骨神経痛のシビレを
改善できる可能性は
広がっていきます。

とくに末梢部での絞扼ですね。筋筋膜の纐纈により圧迫されて伸張されることで

痺れがでます、、、

絞扼があると
容易に症状が出る。

このことを知っていただければ
そう思っています。

本日もブログを読んでいただきありがとうございました。

発行元:
〒564-0001
大阪府吹田市岸部南1-25-16 岸辺ビル
TEL:080-4971-8838
HP:http://seitaiinyou.jp/