腰椎すべり症の治し方

Posted on Posted in すべり症

From 真島佳宏
自宅にて、、、、、、、、

吹田市の「慢性腰痛」専門整体院
整体院 侑 院長の真島佳宏です。

今日は腰椎すべり症についてお話します、、、
スポーツされてる方に多いイメージですが高齢者にも多いです

すべり症とは腰がそり過ぎていることによって
腰椎自体が前方に逸脱してしまい

それによって神経の圧迫や、伸張をおこしてしまい
痛みや痺れにつながることです

簡単にお話しすると
ですからその反っている状態を作っている物を

元の緩やかなカーブの状態に戻してあげればいいんです
ではなぜ腰をそってきてしまうのか

それは骨盤が前方に傾くことによって
お辞儀姿勢になります(腰が丸まっている姿勢)

ですがこのままでは前に倒れますので
上半身で強引に起こしてこようとします

そうすることによって反り腰が完成します
ですからこの骨盤が前に倒れているのを元の位置に戻すことが

大切です

逆に言うとこれを治さないとすべり症は改善しないでしょう

まずその方法として骨盤を前に倒してしまっている筋肉に
アプローチをしていきます

それは大腿直筋です

この筋肉が硬くなって短縮することで
骨盤が前に倒れてきます

今日はこの筋肉のストレッチ方法を指導して終わります
寝ている状態でも、立っている状態でもできます

膝を曲げていただき片方の手で足首を持ちます
膝を曲げれるところまで曲げたらそのまま

寝ている方は背中をベッドにつけるように
していただくと太ももの前が伸びてくると思います

立っている状態でする方は壁などに手をついてしてください
伸びている感じを感じましたらそのまま20秒を1日3回してください

これが反り腰改善方法になります
是非やってみてください。

本日もブログを読んでいただきありがとうございました。

発行元:
〒564-0011
大阪府吹田市岸部南1-25-16 岸辺ビル
TEL:080-4971-8838
HP:http://seitaiinyou.jp/