腰痛に腹筋は逆効果!?

Posted on Posted in 未分類

From 真島佳宏
自宅にて、、、、、、、、

吹田市の「慢性腰痛」専門整体院
整体院 侑 院長の真島佳宏です。

 

本日のテーマはこれです。
腰痛の方に腹筋運動は逆効果???って話していこうと思います、、、

私の考えなんですけど、よく腰痛になるのは腹筋が弱いからです
腹筋を鍛えましょう、、、、、、、

って安易に言う先生方は私は大っ嫌いです
逃げ言葉にしか聞こえません、

原因が分からないので患者さんのせいにしているとしか思えません
その腰痛になる原因に目を向けてなく、患者さんに毒だけ吐いて

あとは自分で治しなさいって言うていますよね、、、、、
腰痛の方に腹筋は逆効果って話をしていくんですけど

まず腰痛になる原因は反り腰になっている方は多いです
反っていると背骨がぶつかりやすくなっています

出尻の方は反るだけで骨がぶつかりますよね
腹筋運動は股関節を曲げる運動です

立った状態で腹筋運動をすると体を前に倒した状態に
なることはイメージつくでしょうか?

この姿勢は前に体が倒れた状態です、
このままでは体が前に倒れてしまいますので

身体を起こしてきますよね、、、そうすると
反り腰の完成です

なにが言いたいかというと
腹筋が硬いと体が前に倒れます股関節がまがるので

そんな方が腹筋を鍛えて、更に腹筋を鍛えて硬くすることは
更に前かがみになりますよね??

 

腰痛の方は腹筋が硬い人はめちゃめちゃ多いです
なので腰痛の方は腹筋を鍛えるのではなく

腹筋を緩めてあげる方が大事になってきます
なので緩めて前かがみを伸ばさないといけないのに

余計に硬くして伸びなくするのは逆効果です、、、

本日もブログを読んでいただきありがとうございました。

発行元:
〒564-0011
大阪府吹田市岸部南1-25-16 岸辺ビル
TEL:080-4971-8838
HP:http://seitaiinyou.jp/