朝起きたときの腰痛の原因はこれ!!

Posted on Posted in 原因, 口コミ, 朝の腰痛

From 真島佳宏
自宅のデスクにて、、、、、、、、

吹田市で「慢性腰痛」専門整体院 侑₋YOU₋
院長の 真島 佳宏です。

いつも口コミをかいてくれている方
ありがとうございます!

今日は朝起きた時の腰痛についてです。

あなたは
・上向きで寝ると腰が痛い
・その痛い状態から膝を曲げると楽になる
・横向きでくの字になって寝るのが楽
ということはありませんでしょうか?

上の上記に1つでも該当した方。

 

実は大腿直筋が原因の可能性が高いです!!

寝起きの腰痛の原因は太ももが原因です。
朝起きた時の腰痛は太ももの筋肉が関係していることが多いです。

大腿直筋は骨盤の前から膝の下のほうに

向かって走っている筋肉です。

しかし、大腿直筋が硬くなってしまうと

反り腰を助長してしまいます。

反り腰と寝起きの関係性
仰向けと立位姿勢はほぼ同じです。
ただ地面への設置が体の背面か足裏なのかの違いなだけです。

そのため、反り腰の人は仰向けに寝ると
大腿直筋に引っ張られるストレスがかかります。

大腿直筋を使いすぎている人の筋肉は
縮こまってしまいますので、

 

仰向けになると大腿直筋の伸長が
うまくいかないため、反り腰になります。

そうなると
背骨にかかる圧が大きくなるため

寝起きに痛くなるわけです。

上向き寝るとで痛くても膝を曲げると大腿直筋がたわむので
一時的に楽になるだけなんですよね。

 

こういう方は大腿直筋のストレッチ

をしてあげます

 

腰痛でお困りの方がいましたら
是非ご連絡ください。

本日もブログを読んでいただき
ありがとうございました。

問い合わせの方へ、メールにて返信していますので
メールが迷惑ホルダーに行ってないかの確認お願いします

発行元:
〒564-0011
大阪府吹田市岸部南1-25-16 岸辺ビル
TEL:080-4971-8838
HP:https://seitaiinyou.jp